ポケモンのAPIを作った話

ウルトラサン・ウルトラムーンのポケモン情報を取得するAPIを作成してみました。

USUM API – ウルトラサン・ウルトラムーンのポケモン情報API

元々は自分用のポケモンダメージ計算ツールを作ろうと思い、データ部分だけWeb APIとして外出しにしようとしたのが作ったきっかけです。ポケモンのAPIはすでにいろいろありそれを使うのも手ですが、やっぱり自分で作るのが一番使いやすくていいですね。

構成

  • OS:Cent OS
  • 言語:Python
  • フレームワーク:Django REST Framework
  • データベース:PostgreSQL
  • Webサーバ:Apache HTTP Server

フレームワーク

Web API向けのフレームワークはいろいろありますが、今回はPythonのDjango REST Frameworkで作ってみました。Python自体初めて触ってみましたが、初めてでも作れる程度には簡単でした。

データベース

何でも良かったのですが、使い慣れているPostgreSQLを使用しました。

今後について

今後やりたいこと。

  • ポケモンの覚える技をAPIに追加する

何かあったら対応するもの、もしくは優先度が低いもの。

  • WebサーバをNginxとかH2Oにしてみる(リクエストが捌ききれなくなったら)
  • ソース公開(暇があったら)
  • ポケモンの技一覧をAPIに追加する(技データ自体は既にある)

ちなみに、2019年冬にポケットモンスター ソード・シールドが発売される予定ですが、そのAPIも作る予定です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です